本会は、北海道地区における社会福祉研究の発展、及び会員相互の研究上の連絡と交流、協力を促進することを目的としています

投稿規程

機関誌「北海道社会福祉研究」投稿規程

1.共同研究者も含め、投稿者は北海道社会福祉学会会員であること、または、学会への会員登録を申請中であること。ただし、機関誌への掲載は、学会入会承認後であることとする。
2.論文、研究ノート、調査報告、実践報告、資料解題は、原則として本会会員による自由投稿とする。
3.投稿する原稿は未発表のものに限る。日本社会福祉学会研究倫理指針「F二重投稿・多重投稿」を参照し、同じデータ・事例・資料等に基づいて投稿者及びそのグループが執筆した別の論文・報告書等(共同執筆も含む)があれば、投稿時に添付すること。なお、添付する資料には、既発表論文・報告書等のみならず、現在査読中であるものも含む。
4.投稿原稿は、1編ごとに独立、完結したものと扱い、審査過程に挙げる。したがって、表題に「上、下」「1報、2報」「Ⅰ、Ⅱ」等をつけない。
5.投稿の締切りは、3月、7月、11月末日の年3回とする。
6.印刷した原稿およびUSBメモリあるいはCD-R等の提出媒体を、北海道社会福祉学会機関誌編集委員会事務局宛てに送付する。
7.投稿論文掲載の可否は、審査の上、編集委員会が決定する。
8.投稿された原稿は2年間保存のうえ、廃棄する。
9.投稿論文の審査結果に不満がある場合には、文書にて編集委員会に申し立てることができる。また、編集委員会の対応に不服がある場合には、北海道社会福祉学会理事会に不服を申し立てることができる。
10.研究動向欄は、社会福祉に関連する研究動向のレビュー・紹介にあて、掲載については編集委員会が依頼を行う。
11.書評欄は、国内外の社会福祉研究に関する批評にあて、その依頼は編集委員会が行う。
12. なお採用された投稿論文は電子化のうえ北海道社会福祉学会HPへWEB登録される。また、J-STAGEでの閲覧が可能となる。その著作権は一般社団法人日本社会福祉学会に帰属する。
13.本規程の改廃は、編集委員会で検討し、理事会の承認を経て行う。

(附則)
1.本規程は、2009年2月28日より施行する。
2.本規程は、2013年4月1日より施行する。
3.本規定は,2017年4月1日より施行する.

PAGETOP
Copyright © 北海道社会福祉学会 All Rights Reserved.