本会は、北海道地区における社会福祉研究の発展、及び会員相互の研究上の連絡と交流、協力を促進することを目的としています

執筆要領

機関誌「北海道社会福祉研究」執筆要領

1.共同研究者も含め、投稿者は北海道社会福祉学会会員であること、または、学会への会員登録を申請中であること。ただし、機関誌への掲載は、学会入会承認後であることとする。
2.本誌には、論文、研究ノート、調査報告、実践報告、資料解題、研究動向、書評などの欄を設けるが、原則として研究動向及び書評以外は本会会員による自由投稿とする。
3.投稿する原稿は、未発表のものに限る。もし同じデータ、事例、資料等に基づいて投稿者が執筆した別の論文、報告書等(共同執筆を含む)があれば、投稿時に添付すること。また、投稿原稿は、1回ごとに独立・完結したものとして扱い査読を行うので、表題に「上、下」「1報、2報」「Ⅰ、Ⅱ」等をつけない。
4.投稿原稿は、図表・注・引用文献を含めて2万字(400字詰原稿用紙換算で50枚)以内とし、図表は1点につき600字換算とし、図表込みで2万字以内を厳守すること。ただし1頁全体を使用する図表については1600字換算とする。
5.投稿の締切りは、3月、7月、11月末とし、末日消印有効とする。
6.投稿論文掲載の可 否は、編集委員会による審査の上、投稿者に結果が通知される。
7.投稿する原稿の執筆にあたって
 ・原則としてワープロまたはパソコンで作成し、縦置A4版用紙に横書きで、1600字(40字×40行)で印字した原稿2部とCD-Rを提出する。
 ・投稿に際しては、印字した原稿に2枚の表紙をつけ、本文にはタイトル(英文タイトル併記)のみを記載し、所属、氏名、会員番号を記載しないこと。
 ・表紙の1枚目には、①タイトル、②原稿の種類、③所属、氏名(連名の場合は全員)、④連絡先を記入する。なお、掲載時には読者からの問い合わせを可能にするために、原則として連絡先(住所または電子メールアドレス)も掲載するが、希望しない場合はその旨明記すること。また、原稿の種類は①論文、②調査報告、③実践報告、④資料解題、⑤書評から選択する。
 ・表紙の2枚目には、和文抄録(400字以内)とキーワード(5語以内)を記載する(無記名)
 ・掲載決定通知後の最終原稿は次のとおり作成する。
① 本文・注・引用文献は、ワードかテキスト形式で保存したファイル(添付ファイル送付可)および縦置きA4版用紙に編集委員会の指定による様式(40行×23字の2段組み)、タイトルはゴシック16ポイント、著者名は12ポイント、本文は10.5ポイント明朝で印字した原稿を1部提出する。
②図表は、本文とは別に1葉ごとにA4版にコピーして提出する。図表の挿入箇所は、本文に明記する。なお、特別な作図などが必要な場合には、自己負担を求めることがある。
8.原稿およびCD-R等は、北海道社会福祉学会編集委員会事務局に送付する。
9.文章の形式は、口語体、常用漢字を用いた新かなづかいを原則とする。注や文献引用の記述形式は、「日本社会福祉学会機関誌『社会福祉学』投稿規定〔引用法〕」によるものとする。
10.投稿原稿に利用したデータや事例について、研究倫理上必要な手続きを経ていることを本文または注に明記すること。
11.投稿論文の査読は、著者名等を匿名にて行っているため、文献等の標記の際には、本人の著であっても「著者」「拙稿」とはせず、筆者名による表記とする。また、査読に対する回答の必要がある場合は編集委員会宛てにこれを行う。
12.国内外の研究動向欄は、社会福祉に関連する研究動向のレビュー・紹介にあて、掲載については編集委員会が依頼を行う。
13.書評欄は、国内外の社会福祉研究に関する批評にあて、その依頼は編集委員会が行う。

(附則)
1.本要領は、2017年4月1日より施行する.

PAGETOP
Copyright © 北海道社会福祉学会 All Rights Reserved.